自宅で簡単に真っ白ツルピカな歯に!ホームホワイトニング方法をご紹介します!!

歯のホワイトニングを自宅で!簡単に歯を白くする方法は??

歯が白くて綺麗な人はみんなの憧れですよね。時間に余裕がなかったり、面倒くさがりだけど綺麗で真っ白な歯を手に入れたい方にはおすすめのホームホワイトニングの方法をご紹介します!!いくつかの方法の中からあなたに合ったホワイトニングを見つかるはずです!!笑顔が似合う白い歯を目指しましょう!!

人工歯を使用する


ホワイトニングの方法にはいろいろありますが、汚れを分解することで色素沈着したものを取り除く方法もあれば、歯を削ることによって歯を白くする方法もあります。
現在の歯に人工歯がある場合に汚れた歯の状態を元に戻すことができるかどうかというのは気になる部分だと思いますが、歯医者で多く取り入れられている過酸化水素を使用した方法によるホワイトニングはできないことになっています。
ただし、その方法が難しいというだけであって他の方法を用いることによって人工歯を白くすることは十分に可能なので予算などをベースに考えて自分にあった方法で歯を白くしていくとよいでしょう。
歯のホワイトニングは費用もたくさんかかるというイメージから敷居が高いものであるというイメージを持っている人も少なくないと思いますが、最近は手頃な価格で行うことができる方法なども確立されているので問題なく歯を白くすることは可能になります。
また、色素沈着することなく健康的な歯でいるためには日頃からきちんと歯の管理をすることが大切で、丁寧にブラッシングする習慣を身に付けるだけでも汚れ方というのはかなり変わってきます。
最近は食生活や生活習慣の乱れが原因になることによって歯周病になる人が増えていると言われていますが、こうした歯の病気というのは歯の状態悪化だけに限らず、歯茎などにもかなり大きな影響を与えてしまう可能性があるので日頃から十分に注意する必要もあります。

歯磨きの工夫


きれいでいつまでも白い健康な歯でいたいという場合におすすめするのがレーザーやマウスピースなどを使用したホワイトニングですが、費用が高いというデメリット要素はあるものの、色素を取り除くことができるのでかなり歯の汚れが改善される期待があります。
ただし、誰でもホワイトニングをすることができるというわけではなく歯に何らかのトラブルを抱えてしまっている場合は歯を白くすることができない可能性もあるので、まずは自分の歯の相対的な状態を把握して、それにあった方法で改善を進めて行く必要性があります。
また、ホワイトニングについては日々の歯磨きによっても可能なケースがあり、毎食後にきちんと正しい方法で歯磨きをしていれば歯の汚れは少しずつ減ることになります。
時間をかけて丁寧に磨くというのが基本になりますが、歯磨きを丁寧にして出血が見られるような場合というのは歯槽膿漏になっている可能性があるので、この場合は治療をして症状を改善しないことにはホワイトニングを受けることができません。
ちなみに歯の汚れの原因となるのはステインですが、ステインが多く含まれている食事や飲料を取った後はより色素沈着しやすい状態を作ってしまう可能性があるので歯磨きは念入りにする必要があります。
また、お酒やタバコなどの嗜好品についてもかなり歯の色を変えてしまう原因物質が入っており、食事と違って歯磨きをする習慣が少ないと思うので特にケアには気をつける必要があります。

歯のマニキュアを使ってホワイトニング


歯のマニキュアを使ったホワイトニングをする人が増えていますが、やり方としては爪に対してマニキュアを塗るのと同じになっており、歯医者で受けることができるホワイトニングとの違いは歯に対しての作用となります。
レーザーやマウスピースなどを用いた方法の場合は歯に付着している汚れをそのまま落とすことができるようになっていますが、マニキュアについては表面にコーティングすることが目的となっており、直接的に色素を取り除くことができるわけではないのでコーティングが剥がれてしまうと元の状態に戻ってしまいます。
金額が安いというメリットもあり、市販のものであれば2000円台から通販でも購入することができるようになっていますが、歯の表面に対して直接的に傷をつけるということはないので歯が弱ってしまうこともありません。
ただし、上手にマニキュアを塗らないと凹凸感が気になり、色ムラも気になることがあるので注意する必要がありますが、マニキュアの使用感が明らかに分かる場合は汚れている歯よりも嫌な印象を与えてしまう可能性も否めません。
昔と違って今はインターネットで便利に情報を集めることができるようになっているので、マニキュアの塗り方なども調べることができますが、あくまで効果に継続性があるものではないので注意する必要があります。
同じマニキュアでも歯医者でしてもらう場合は効果の継続時間が長くなり約一ヶ月ほどコーティングが保たれます。

レーザータイプとの違い


ホワイトニングをする方法には自宅で行う方法と歯医者で行う方法がありますが、歯医者に足を運んで施術を受ける場合にマウスピースを使った方法とレーザーを用いた方法があります。
マウスピースを使った方法が一般的に言われているホームホワイトニングになるのですが、マウスピースに歯を白くする効果があるジェルを注いで、それを汚れた歯に浸すことによって歯を白くすることができるというのが基本的な作用機序となっています。
この方法だと歯の負担は少ないメリットがあるものの、効果が出るまでに時間がかかってしまうデメリットがあるので、効果に即効性を持たせたい場合だとレーザーを用いた方法がおすすめになります。
このような方法は一般的にオフィスホワイトニングと言いますが、レーザーを用いた方法だと一回歯医者に足を運ぶだけでも高い効果が期待できるので、何度も歯医者に足を運ぶ手間がかからないメリットもあります。
ただし、レーザーを用いた方法になると費用が高くなるというデメリットがあるので金銭的な余裕がない場合に難しいのとレーザーの種類によっては歯に影響が出る可能性もあるので歯のトラブルがある人だと施術を受けることが難しいケースもあります。
最近ではさまざまな方法が確立されているホワイトニングですが、日頃から歯を汚さないように気を付けることも大切で、歯磨きをしてない人は歯が汚れるだけでなく歯周病を発症する原因になってしまう場合があります。

いろいろあるタイプ


ホームホワイトニングにはいろいろな方法がありますが、歯に対しての影響を考えると歯医者に行って処方してもらうか、歯医者で使用されているものを入手して自分で使用するという方法がおすすめになります。
歯医者でも使用されているものの中にナイトホワイトACPと呼ばれるものがありますが、これはアメリカを中心として広く出回っているもので、さまざまな濃度帯のものがあるので状況に応じて使い分けるとよいでしょう。
ただし、このタイプは日本人向けに作られたものではなく基本的に欧米人向けに作られているものになるので、歯の保護成分でもあるエナメル質が薄い日本人だと歯に痛みなどが出てくる可能性があります。
日本のメーカーが販売しているもので考えるとティオンのホームホワイトニングジェルがおすすめですが、エナメル質が薄い日本人でも安心して使用することができるように作られているものなので欧米人向けのタイプに比べると使用することによって起こるトラブルは多くありません。
いずれの場合もホームホワイトニングを進めて行く前には必ずカウンセリングなどを受けて自分の歯の状態を確認しておく必要がありますが、歯の状態に合わせた方法を取らないとせっかくお金をかけても十分な効果を得ることができません。
また、最近は歯周病など歯のトラブルを抱える人が増えていますが、歯のトラブルが起こっている場合についてもホワイトニングは適さないケースがあるので注意しなければなりません。

手順について


ホームホワイトニングをすることで歯を白くすることができますが、効果の程度に関しては日焼けと似ていると表現されることからも分かるように個人差の大きい部分になっており、充分に歯が白くならないこともあるので十分に注意が必要となります。
手順としては最初に歯を磨いてきれいにしておくことを前準備とし、マウスピースに付着している水分を拭き取った後は他の物質が入っていないかも確認しておく必要がありますが、入っている場合は取り除いておく必要があります。
そしてマウスピースに専用のジェルを注入しますが、シリンジ2本程度が一本の歯に対しての適量となっており、これができたら次はマウスピースを装着するという流れに入ってきます。
マウスピースを装着する場合はずれが無いように気をつけるというのが最大のポイントになってきますが、日中であれば3時間程度を目安として取り外して夜間であれば6時間程度を目安として取り外すようにします。
時間についてはそこまで神経質になる必要はなく、あまり効果が見られないと感じられる場合はさらに装着する時間を長くすることによって歯の白さを促すことができるようになります。
ホワイトニングの方法にはいろいろありますが、自分の歯の状態に合わせた方法というのが必要になり歯の状態によってはホームホワイトニングをしても十分な効果を得ることができない場合があります。
特に虫歯のように歯のトラブルがある場合は白く染まりにくくなるので注意が必要です。

ホームホワイトニングの注意点


歯の汚れはホームホワイトニングでかなりきれいにすることができますが、せっかく歯を白くすることができても歯が汚れる原因が残り続ける限り元に戻ってしまう可能性があるので歯をできるだけ汚さないように習慣づけることも大切です。
ただし、日頃の食事や飲み物で歯がある程度汚れてしまうのは致し方ない部分でもあるので、食事や飲み物に神経質になり過ぎるというよりも歯を磨くことに神経質になる方が大切で、毎食後に歯ブラシで歯をブラッシングする習慣を身につければかなり改善効果が期待されます。
また、タバコを吸う人も歯を汚れさせる原因を作ることになるので控えることをおすすめしますが、食事と違って吸っても歯磨きをする習慣がついている人は少ないのでステインの影響よりも歯は汚れやすくなっていてホームホワイトニングでも歯が白くなりにくい特徴があります。
自宅で行うことができるというのがホームホワイトニングのメリットとして捉えられていますが、言い方を変えれば素人がすることで失敗してしまうリスクもあるということで慣れない間や不安がある場合は歯医者でしてもらうことをおすすめします。
また、効果の継続時間については食生活や嗜好品だけに左右されるものではなく、生まれ持っての歯の質なども関係してくることになるので場合によってはほとんど白くならない人もいます。
その場合は他の方法でのホワイトニングが必要になってくるので自分にあった方法を検討する必要があります。

ホームホワイトニングとは?


ホームホワイトニングは歯を白くしたい人自身がマウスピースの中に白くする作用がある薬剤を入れて自宅で数十分から数時間かけて装着する方法になっていますが、この方法だと即効性という点ではデメリット要素があるものの、歯にかかる負担が少ないことや歯茎にかかる負担が少ない点でのメリットがあります。
もともとはアメリカで発売されるようになり、日本にはそこまで馴染みがありませんでしたが、新しい商品がどんどん発売されるようになったことから今では多くの人が使用するようになっています。
自分ですることができるというのも人気の理由になっていますが、歯が汚れていると自分自身だけでなく他の人から見た時の印象もかなり悪くなってしまうので、そういった点から考えても歯をきれいにする意味というのは非常に大きいと思います。
ただし、歯が白くなっても継続性があるというわけではないので定期的に白くすることが必要になってきますが、ホームホワイトニングは自宅で可能な一方で数十分ほど液剤をつける必要があるので時間が取られてしまうという点ではデメリット要素もあります。
また、歯の状態によっては白くすることができないこともあるのでホームホワイトニングを考える前にまずは自分の歯がどのような状態になっているかということを意識する必要もあります。
歯のトラブルにはいろいろありますが、日頃からきちんと管理することで状態の改善を図ることが可能になります。

オフィスホワイトニング後の維持


歯を白くしたい人におすすめするのがオフィスホワイトニングですが、このやり方は基本的に歯医者で行うやり方になっていて短い時間でも高い効果を得ることができるというのも人気の秘密になっています。
ただし、施術が終わった後は歯にトラブルが起こるケースも多いので注意する必要もありますが、せっかく白くなってもすぐに元の状態に戻ってしまうことが少なくないので、維持することが非常に重要なポイントになるということを心得ておきましょう。
また、当然ながら施術を受けるにあたっては費用が必要になるので金銭的な面で考えた場合も注意する必要があります。
ただし、メインをオフィスホワイトニングにして維持についてはホームホワイトニングをするという方法もあるので、費用的な面での負担を考える場合はこの方法がおすすめになります。
歯は食事をする上でとても重要な役割を果たすものですが、同時に人間のバランス感覚にも関係してくる部分になるので歯が悪いと健康にも影響が出てくる可能性があります。
また、歯が汚れてしまう原因を知ることもホワイトニングをした後の維持を考える上で重要な部分であり、せっかく歯を白くすることができてもステインなどによって着色する状態が続いてしまっては本末転倒です。
歯を白くする場合に研磨剤などを使用して半ば強制的にステイン色素を取り除く方法もありますが、その場合は歯にダメージが加わる可能性もあるので十分に注意する必要があります。

オフィスホワイトニングに適さない人


オフィスホワイトニングのメリットは専門機関で施術を受けることができることに加えてかかる時間も短く歯をきれいにすることができるという点ですが、安全な方法で受けることができるので歯が痛んでしまうなどのリスクが低いメリットはあります。
ただし、誰でも施術を受けて歯がきれいになるとは限らない部分もあり、歯の状態によっては白くならない可能性もあるので事前にカウンセリングや検査を受けて歯を調べるのが普通です。
オフィスホワイトニングが適さない条件として歯に病気を抱えているケースがありますが、歯を白くするために使用される薬剤は歯にとって影響が大きいものではないものの、治療をしてない歯に対して与える影響は無視できない部分でもあります。
また、歯に亀裂が入っている場合についても同じことが言えますが、生きている歯に対して効果を発揮するのがオフィスホワイトニングになるので人工歯を装着していてそれが汚れてしまっている場合の効果もあまり期待できません。
妊娠をしている人についても胎児や妊婦に影響があったという症例はないものの、影響を与える可能性がゼロではないので万が一に何か起こってしまうことを考えるとしない方が無難ではあります。
他にも医薬品が服用している場合や無カタラーゼ症になっている場合についても効果が十分に発揮されないのでホワイトニングにはあまり向かず、無カタラーゼ症に関しては歯を白くする物質と関わりが深い過酸化水素に影響があります。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー