自宅で簡単に真っ白ツルピカな歯に!ホームホワイトニング方法をご紹介します!!

歯のホワイトニングを自宅で!簡単に歯を白くする方法は??

歯が白くて綺麗な人はみんなの憧れですよね。時間に余裕がなかったり、面倒くさがりだけど綺麗で真っ白な歯を手に入れたい方にはおすすめのホームホワイトニングの方法をご紹介します!!いくつかの方法の中からあなたに合ったホワイトニングを見つかるはずです!!笑顔が似合う白い歯を目指しましょう!!

人工歯を使用する


ホワイトニングの方法にはいろいろありますが、汚れを分解することで色素沈着したものを取り除く方法もあれば、歯を削ることによって歯を白くする方法もあります。
現在の歯に人工歯がある場合に汚れた歯の状態を元に戻すことができるかどうかというのは気になる部分だと思いますが、歯医者で多く取り入れられている過酸化水素を使用した方法によるホワイトニングはできないことになっています。
ただし、その方法が難しいというだけであって他の方法を用いることによって人工歯を白くすることは十分に可能なので予算などをベースに考えて自分にあった方法で歯を白くしていくとよいでしょう。
歯のホワイトニングは費用もたくさんかかるというイメージから敷居が高いものであるというイメージを持っている人も少なくないと思いますが、最近は手頃な価格で行うことができる方法なども確立されているので問題なく歯を白くすることは可能になります。
また、色素沈着することなく健康的な歯でいるためには日頃からきちんと歯の管理をすることが大切で、丁寧にブラッシングする習慣を身に付けるだけでも汚れ方というのはかなり変わってきます。
最近は食生活や生活習慣の乱れが原因になることによって歯周病になる人が増えていると言われていますが、こうした歯の病気というのは歯の状態悪化だけに限らず、歯茎などにもかなり大きな影響を与えてしまう可能性があるので日頃から十分に注意する必要もあります。

歯磨きの工夫


きれいでいつまでも白い健康な歯でいたいという場合におすすめするのがレーザーやマウスピースなどを使用したホワイトニングですが、費用が高いというデメリット要素はあるものの、色素を取り除くことができるのでかなり歯の汚れが改善される期待があります。
ただし、誰でもホワイトニングをすることができるというわけではなく歯に何らかのトラブルを抱えてしまっている場合は歯を白くすることができない可能性もあるので、まずは自分の歯の相対的な状態を把握して、それにあった方法で改善を進めて行く必要性があります。
また、ホワイトニングについては日々の歯磨きによっても可能なケースがあり、毎食後にきちんと正しい方法で歯磨きをしていれば歯の汚れは少しずつ減ることになります。
時間をかけて丁寧に磨くというのが基本になりますが、歯磨きを丁寧にして出血が見られるような場合というのは歯槽膿漏になっている可能性があるので、この場合は治療をして症状を改善しないことにはホワイトニングを受けることができません。
ちなみに歯の汚れの原因となるのはステインですが、ステインが多く含まれている食事や飲料を取った後はより色素沈着しやすい状態を作ってしまう可能性があるので歯磨きは念入りにする必要があります。
また、お酒やタバコなどの嗜好品についてもかなり歯の色を変えてしまう原因物質が入っており、食事と違って歯磨きをする習慣が少ないと思うので特にケアには気をつける必要があります。

歯のマニキュアを使ってホワイトニング


歯のマニキュアを使ったホワイトニングをする人が増えていますが、やり方としては爪に対してマニキュアを塗るのと同じになっており、歯医者で受けることができるホワイトニングとの違いは歯に対しての作用となります。
レーザーやマウスピースなどを用いた方法の場合は歯に付着している汚れをそのまま落とすことができるようになっていますが、マニキュアについては表面にコーティングすることが目的となっており、直接的に色素を取り除くことができるわけではないのでコーティングが剥がれてしまうと元の状態に戻ってしまいます。
金額が安いというメリットもあり、市販のものであれば2000円台から通販でも購入することができるようになっていますが、歯の表面に対して直接的に傷をつけるということはないので歯が弱ってしまうこともありません。
ただし、上手にマニキュアを塗らないと凹凸感が気になり、色ムラも気になることがあるので注意する必要がありますが、マニキュアの使用感が明らかに分かる場合は汚れている歯よりも嫌な印象を与えてしまう可能性も否めません。
昔と違って今はインターネットで便利に情報を集めることができるようになっているので、マニキュアの塗り方なども調べることができますが、あくまで効果に継続性があるものではないので注意する必要があります。
同じマニキュアでも歯医者でしてもらう場合は効果の継続時間が長くなり約一ヶ月ほどコーティングが保たれます。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー