自宅で簡単に真っ白ツルピカな歯に!ホームホワイトニング方法をご紹介します!!

歯のホワイトニングを自宅で!簡単に歯を白くする方法は??

歯が白くて綺麗な人はみんなの憧れですよね。時間に余裕がなかったり、面倒くさがりだけど綺麗で真っ白な歯を手に入れたい方にはおすすめのホームホワイトニングの方法をご紹介します!!いくつかの方法の中からあなたに合ったホワイトニングを見つかるはずです!!笑顔が似合う白い歯を目指しましょう!!

レーザータイプとの違い


ホワイトニングをする方法には自宅で行う方法と歯医者で行う方法がありますが、歯医者に足を運んで施術を受ける場合にマウスピースを使った方法とレーザーを用いた方法があります。
マウスピースを使った方法が一般的に言われているホームホワイトニングになるのですが、マウスピースに歯を白くする効果があるジェルを注いで、それを汚れた歯に浸すことによって歯を白くすることができるというのが基本的な作用機序となっています。
この方法だと歯の負担は少ないメリットがあるものの、効果が出るまでに時間がかかってしまうデメリットがあるので、効果に即効性を持たせたい場合だとレーザーを用いた方法がおすすめになります。
このような方法は一般的にオフィスホワイトニングと言いますが、レーザーを用いた方法だと一回歯医者に足を運ぶだけでも高い効果が期待できるので、何度も歯医者に足を運ぶ手間がかからないメリットもあります。
ただし、レーザーを用いた方法になると費用が高くなるというデメリットがあるので金銭的な余裕がない場合に難しいのとレーザーの種類によっては歯に影響が出る可能性もあるので歯のトラブルがある人だと施術を受けることが難しいケースもあります。
最近ではさまざまな方法が確立されているホワイトニングですが、日頃から歯を汚さないように気を付けることも大切で、歯磨きをしてない人は歯が汚れるだけでなく歯周病を発症する原因になってしまう場合があります。

いろいろあるタイプ


ホームホワイトニングにはいろいろな方法がありますが、歯に対しての影響を考えると歯医者に行って処方してもらうか、歯医者で使用されているものを入手して自分で使用するという方法がおすすめになります。
歯医者でも使用されているものの中にナイトホワイトACPと呼ばれるものがありますが、これはアメリカを中心として広く出回っているもので、さまざまな濃度帯のものがあるので状況に応じて使い分けるとよいでしょう。
ただし、このタイプは日本人向けに作られたものではなく基本的に欧米人向けに作られているものになるので、歯の保護成分でもあるエナメル質が薄い日本人だと歯に痛みなどが出てくる可能性があります。
日本のメーカーが販売しているもので考えるとティオンのホームホワイトニングジェルがおすすめですが、エナメル質が薄い日本人でも安心して使用することができるように作られているものなので欧米人向けのタイプに比べると使用することによって起こるトラブルは多くありません。
いずれの場合もホームホワイトニングを進めて行く前には必ずカウンセリングなどを受けて自分の歯の状態を確認しておく必要がありますが、歯の状態に合わせた方法を取らないとせっかくお金をかけても十分な効果を得ることができません。
また、最近は歯周病など歯のトラブルを抱える人が増えていますが、歯のトラブルが起こっている場合についてもホワイトニングは適さないケースがあるので注意しなければなりません。

手順について


ホームホワイトニングをすることで歯を白くすることができますが、効果の程度に関しては日焼けと似ていると表現されることからも分かるように個人差の大きい部分になっており、充分に歯が白くならないこともあるので十分に注意が必要となります。
手順としては最初に歯を磨いてきれいにしておくことを前準備とし、マウスピースに付着している水分を拭き取った後は他の物質が入っていないかも確認しておく必要がありますが、入っている場合は取り除いておく必要があります。
そしてマウスピースに専用のジェルを注入しますが、シリンジ2本程度が一本の歯に対しての適量となっており、これができたら次はマウスピースを装着するという流れに入ってきます。
マウスピースを装着する場合はずれが無いように気をつけるというのが最大のポイントになってきますが、日中であれば3時間程度を目安として取り外して夜間であれば6時間程度を目安として取り外すようにします。
時間についてはそこまで神経質になる必要はなく、あまり効果が見られないと感じられる場合はさらに装着する時間を長くすることによって歯の白さを促すことができるようになります。
ホワイトニングの方法にはいろいろありますが、自分の歯の状態に合わせた方法というのが必要になり歯の状態によってはホームホワイトニングをしても十分な効果を得ることができない場合があります。
特に虫歯のように歯のトラブルがある場合は白く染まりにくくなるので注意が必要です。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー