自宅で簡単に真っ白ツルピカな歯に!ホームホワイトニング方法をご紹介します!!

歯のホワイトニングを自宅で!簡単に歯を白くする方法は??

歯が白くて綺麗な人はみんなの憧れですよね。時間に余裕がなかったり、面倒くさがりだけど綺麗で真っ白な歯を手に入れたい方にはおすすめのホームホワイトニングの方法をご紹介します!!いくつかの方法の中からあなたに合ったホワイトニングを見つかるはずです!!笑顔が似合う白い歯を目指しましょう!!

ホームホワイトニングの注意点


歯の汚れはホームホワイトニングでかなりきれいにすることができますが、せっかく歯を白くすることができても歯が汚れる原因が残り続ける限り元に戻ってしまう可能性があるので歯をできるだけ汚さないように習慣づけることも大切です。
ただし、日頃の食事や飲み物で歯がある程度汚れてしまうのは致し方ない部分でもあるので、食事や飲み物に神経質になり過ぎるというよりも歯を磨くことに神経質になる方が大切で、毎食後に歯ブラシで歯をブラッシングする習慣を身につければかなり改善効果が期待されます。
また、タバコを吸う人も歯を汚れさせる原因を作ることになるので控えることをおすすめしますが、食事と違って吸っても歯磨きをする習慣がついている人は少ないのでステインの影響よりも歯は汚れやすくなっていてホームホワイトニングでも歯が白くなりにくい特徴があります。
自宅で行うことができるというのがホームホワイトニングのメリットとして捉えられていますが、言い方を変えれば素人がすることで失敗してしまうリスクもあるということで慣れない間や不安がある場合は歯医者でしてもらうことをおすすめします。
また、効果の継続時間については食生活や嗜好品だけに左右されるものではなく、生まれ持っての歯の質なども関係してくることになるので場合によってはほとんど白くならない人もいます。
その場合は他の方法でのホワイトニングが必要になってくるので自分にあった方法を検討する必要があります。

ホームホワイトニングとは?


ホームホワイトニングは歯を白くしたい人自身がマウスピースの中に白くする作用がある薬剤を入れて自宅で数十分から数時間かけて装着する方法になっていますが、この方法だと即効性という点ではデメリット要素があるものの、歯にかかる負担が少ないことや歯茎にかかる負担が少ない点でのメリットがあります。
もともとはアメリカで発売されるようになり、日本にはそこまで馴染みがありませんでしたが、新しい商品がどんどん発売されるようになったことから今では多くの人が使用するようになっています。
自分ですることができるというのも人気の理由になっていますが、歯が汚れていると自分自身だけでなく他の人から見た時の印象もかなり悪くなってしまうので、そういった点から考えても歯をきれいにする意味というのは非常に大きいと思います。
ただし、歯が白くなっても継続性があるというわけではないので定期的に白くすることが必要になってきますが、ホームホワイトニングは自宅で可能な一方で数十分ほど液剤をつける必要があるので時間が取られてしまうという点ではデメリット要素もあります。
また、歯の状態によっては白くすることができないこともあるのでホームホワイトニングを考える前にまずは自分の歯がどのような状態になっているかということを意識する必要もあります。
歯のトラブルにはいろいろありますが、日頃からきちんと管理することで状態の改善を図ることが可能になります。

オフィスホワイトニング後の維持


歯を白くしたい人におすすめするのがオフィスホワイトニングですが、このやり方は基本的に歯医者で行うやり方になっていて短い時間でも高い効果を得ることができるというのも人気の秘密になっています。
ただし、施術が終わった後は歯にトラブルが起こるケースも多いので注意する必要もありますが、せっかく白くなってもすぐに元の状態に戻ってしまうことが少なくないので、維持することが非常に重要なポイントになるということを心得ておきましょう。
また、当然ながら施術を受けるにあたっては費用が必要になるので金銭的な面で考えた場合も注意する必要があります。
ただし、メインをオフィスホワイトニングにして維持についてはホームホワイトニングをするという方法もあるので、費用的な面での負担を考える場合はこの方法がおすすめになります。
歯は食事をする上でとても重要な役割を果たすものですが、同時に人間のバランス感覚にも関係してくる部分になるので歯が悪いと健康にも影響が出てくる可能性があります。
また、歯が汚れてしまう原因を知ることもホワイトニングをした後の維持を考える上で重要な部分であり、せっかく歯を白くすることができてもステインなどによって着色する状態が続いてしまっては本末転倒です。
歯を白くする場合に研磨剤などを使用して半ば強制的にステイン色素を取り除く方法もありますが、その場合は歯にダメージが加わる可能性もあるので十分に注意する必要があります。

オフィスホワイトニングに適さない人


オフィスホワイトニングのメリットは専門機関で施術を受けることができることに加えてかかる時間も短く歯をきれいにすることができるという点ですが、安全な方法で受けることができるので歯が痛んでしまうなどのリスクが低いメリットはあります。
ただし、誰でも施術を受けて歯がきれいになるとは限らない部分もあり、歯の状態によっては白くならない可能性もあるので事前にカウンセリングや検査を受けて歯を調べるのが普通です。
オフィスホワイトニングが適さない条件として歯に病気を抱えているケースがありますが、歯を白くするために使用される薬剤は歯にとって影響が大きいものではないものの、治療をしてない歯に対して与える影響は無視できない部分でもあります。
また、歯に亀裂が入っている場合についても同じことが言えますが、生きている歯に対して効果を発揮するのがオフィスホワイトニングになるので人工歯を装着していてそれが汚れてしまっている場合の効果もあまり期待できません。
妊娠をしている人についても胎児や妊婦に影響があったという症例はないものの、影響を与える可能性がゼロではないので万が一に何か起こってしまうことを考えるとしない方が無難ではあります。
他にも医薬品が服用している場合や無カタラーゼ症になっている場合についても効果が十分に発揮されないのでホワイトニングにはあまり向かず、無カタラーゼ症に関しては歯を白くする物質と関わりが深い過酸化水素に影響があります。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー