自宅で簡単に真っ白ツルピカな歯に!ホームホワイトニング方法をご紹介します!!

歯のホワイトニングを自宅で!簡単に歯を白くする方法は??

歯が白くて綺麗な人はみんなの憧れですよね。時間に余裕がなかったり、面倒くさがりだけど綺麗で真っ白な歯を手に入れたい方にはおすすめのホームホワイトニングの方法をご紹介します!!いくつかの方法の中からあなたに合ったホワイトニングを見つかるはずです!!笑顔が似合う白い歯を目指しましょう!!

トラブルが起こる可能性


オフィスホワイトニングは歯医者で受けることができる歯を白くするための方法になりますが、自分でする場合に比べるとカウンセリングを受けながら行うことができるのでトラブルが少ないというメリットがあるものの、それでも全くトラブルが起こらないというわけではないのでリスクについてもきちんと把握しておく必要があります。
歯のホワイトニングをする場合に起こりやすいトラブルとしては歯が白くならないということがありますが、人によって歯の質は異なっており他に歯のトラブルを抱えてなくても歯の質が原因となって白くならない場合があります。
この場合は通常よりも長い時間をかけて施術を進めて行くのが一般的になりますが、歯の状態によってはダメージを与えてしまう可能性があるので気になる点がある場合はカウンセリングを受ける時点で担当の歯科医師に相談しておくようにしましょう。
また、歯の質で白くなりにくい場合は歯のホワイトニングをすることによって歯にムラが生じる可能性もありますが、特に歯の汚れが抗生物質でもあるテトラサイクリン系を服用したことによって起こっているものだと歯に色ムラができやすくなるので注意する必要があります。
大抵の場合は歯のホワイトニングを受ける際に検査を受けるのでその段階から知ることができるのですが、実際にしてみないと分からない部分もあるのでカウンセリングや検査をスルーしても歯にトラブルが起こる可能性があるということを認識しておく必要があります。

全体的な流れについて


オフィスホワイトニングで歯を白くしたい場合は歯医者に行って施術を受けることになりますが、誰でも簡単に受けることができるわけではなく歯の状態や口内の状態によっては難しい場合もあるので、まずはカウンセリングを受けてから自分の歯の状態をきちんと知ることが大切です。
それが終わった後は歯の検診を受けることになり、歯に問題がないかということを調べて何も問題がなかった場合は白くしたい歯の状態をチェックしてクリーニングの段階に入ってきます。
気をつけないといけないのはこの段階に入る前には費用やかかる時間を聞いておくことで、特に費用については施術の方法によって10万円近くお金が必要になることもあるので事前に聞いておかないとトラブルの元になってしまう可能性があります。
歯のクリーニングが終わった後は歯茎の保護をしますが、薬液が歯茎に流れてしまわないようにするために淵を盛り上げて専用のライトを使って固めて、次はペーストを塗布していく作業に移ります。
これによって歯に付着している汚れや色などが少しずつ落ちていくので歯のホワイトニングが可能になるわけですが、最後は歯のトリートメントをして表面の艶を残します。
歯の状態によってはオフィスホワイトニングを受けることができない場合もあるので、利用の前には必ず歯の状態から考えて自分が利用できる状況にあるかどうかということを調べておく必要があり、カウンセリングで指示を受ける場合は足を運ぶ手間がかかってしまいます。

オフィスホワイトニングにかかる時間や費用


オフィスホワイトニングは歯医者で受けることができる方法になりますが、種類がいくつかあるのでかかる費用や予算というのは受ける方法で決まってきます。
最近人気が高いのがブライトホワイトと呼ばれる方法ですが、レーシックを作った科学者が開発したシステムということもあって信頼性にも優れており、プラズマライトを用いてアーチ形に照射することによって万遍なく白くしたい部分に照射することが可能になっています。
効果の即効性にも優れている方法になりますが、この場合だと上下の歯で1時間と30分ほどで可能で、費用については6万円から8万円程度かかってくることになるので金銭的な負担という点で考えると少々負担が大きくなっています。
もう少し費用を抑えて歯のホワイトニングをしたい場合はズームがおすすめで、これについても光を照射することによって歯の汚れを取り除くことができるシステムになっており必要となる時間は1時間30分程度とブライトホワイトと大差はありませんが、費用については3万程度から可能になっています。
また、ルクマールについても同じく光を使った方法になりますが、概ね相場は3万円前後というのは変わりないので最終的にどれを選んでいくのかというのは歯医者に相談することをおすすめします。
自分でするのでなく歯医者にしてもらうのでトラブルが起こるリスクというのは少ないものの、場合によってはトラブルが起こるようなケースもあるので注意が必要です。

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー